サンプル

キャバクラ嬢からくる営業メールの実態とは

キャバクラ嬢からくる営業メールの実態とは
 
普段、キャバクラへ通っている人は週の半ばから週末にかけてキャバクラ嬢から送られてくる営業メールがあると思います。
キャバクラ嬢に限らずですが、華の金曜日といわれている華金での需要が現在も存在し、金曜日にどれだけたくさんのお客様をよぶことができるかがキャバクラ嬢の価値を指す基準になるのです。
こうした背景がある中で金曜日にはお客様であるあなたに営業メールが送られてくるはずですが、ここで質問したいと思います。
あなたは、キャバクラ嬢から日曜日に営業メールが来たことはありますか?
この質問は、あなたがキャバクラ嬢にとって「他のお客様と同じ」なのか「特別なお客様」「お客様以上の関係」なのかが分かるもっともシンプルなものなのです。
東京都内のキャバクラ店の大半は、日曜日を休みにしています。この定休日は働いているキャバクラ嬢にとってとても貴重な時間であり、その多くは平日仕事があるとき活用している携帯電話を使わずにお蔵入りさせているのです。営業メールは仕事、休日には仕事は一切しないと割り切るという自分のルールを作っている人が多いので、休日を仕事以外の事で楽しんで、束縛などを嫌がります。キャバクラの仕事以外で挙げるとすれば、普段は仕事でパソコンを主に使って一生懸命仕事をこなしているIT関連の会社員の人は、休日は一切パソコンを開かずに休日を楽しむといったことです。もちろんすべての人がそういう人なわけではありません。これと同様に、キャバクラ嬢も普段お客様に営業メールを送ることははあくまで仕事の一環なのです。
当たり前のことなのですが、こうしてはっきり言語化して示してしまうとお客様側からしたら少しさみしい気もしてくるかもしれません・・・。
キャバクラ嬢にとってお客様であるあなた達は、「仕事をする上での付き合い」なのか、それとも「特別な人(個人的な付き合い)」なのかを知りたいのなら定休日である日曜に勇気をだしてキャバクラ嬢にメールを送ってみてください。そうすれば、キャバクラ嬢の本音も分かるかもしれません。

TOPへもどる

コメント

開く/閉じる

コメントを投稿する

*

@sekutaikenさんのツイート @kyabaroadさんのツイート
おっぱぶ求人 AV女優求人 デリヘル出稼ぎ 渋谷高級DC 高級s着ソープランド 風俗求人 ガールズヘブン 横浜稼げるデリヘル 東京のセクキャバ 新宿歌舞伎町のセクキャバ 池袋セクキャバ 上野ならセクキャバ 五反田セクキャバ 港区六本木ならセクキャバ セクキャバ横浜 川崎セクキャバの 埼玉セクキャバ 大宮セクキャバ 大阪セクキャバ 京都セクキャバ 名古屋セクキャバ 福岡セクキャバ